背中ニキビ跡の正しいケアとは

背中ニキビ跡の正しいケアとは

背中ニキビ跡のセルフケアのポイント

 

背中ニキビ跡の正しいケア方法とは

 

正しいケア方法とは

 

@背中ニキビ跡を洗うときは、せっけんをよく泡立てて、手のひらでなでるようにして洗う。

 

A背中ニキビ跡につける保湿外用薬は“べたつく”と感じる程度に十分塗る。

間違ったケア方法とは

 

@背中ニキビ跡をゴシゴシと洗う。
 タオルなどでゴシゴシと皮膚を洗うと、皮膚のバリア機能がさらに弱まります。

 

A保湿外用薬の塗り方が不適切。
 背中ニキビ跡に塗る量が少なかったり塗り残しがあると、皮膚が乾燥し症状が悪化しやすくなります。

 

B保湿外用薬を途中でやめる。
 少しよくなったからと、途中でやめてしまうと、再び悪化します。

 

※標準ケアを適切に続けることが大切なのです。良くなった後もしばらくバリア機能を補助してあげましょう。