思春期の性ホルモンが原因

背中ニキビ(跡)は思春期の性ホルモンが原因

思春期

背中ニキビ跡の原因は思春期の性ホルモンが原因となる場合があります。

 

内部的な面では、思春期の性ホルモンが増加することが原因となる場合があります。思春期になって性ホルモンが増加するにつれ、男性ホルモンの過剰(女性ホルモンに比べて)によって出来るのです。

 

このホルモンは脂腺の働きを活発にし、同時に皮膚から毛穴にかけての角質を厚くし、毛穴をせまくします。この働きにより毛包の中に皮脂がたまりニキビが始まっていくのです。

 

皮脂が毛包内にたまり、さらに古くなった角質などがこれに加わって毛穴を塞ぐようになります。

 

たまった皮脂が毛穴を押し広げて空気に触れ酸化して黒い点として見えるものを黒ニキビと言います。これに対し、毛穴がふさがっていると白い塊として見えます。これを白ニキビと言います。

 

さらに進みますと、不飽和脂肪酸などがまわりの皮膚を刺激し赤い吹き出物になり炎症を伴います。これを赤ニキビと言います。

 

毛穴が化膿し次第に毛包に化膿が波及していくのが化膿したニキビです。

 

化膿したニキビが破れ、膿が出るとそのあとの噴火口の様なくぼみがニキビ跡になります。