角質層のバリア機能とは

角質層の役割は、汚れ・細菌などが体内に入るのを防ぐバリアの役割をしています。角質層のバリア機能は水分の含有量で強まったり、弱まったりするのです。

 角質層の水分量

角質層が正常に働いているときの水分量は10から20%に保たれた状態です。

 角質層が乾燥

角質層が乾燥に傾いている場合は、保湿機能が弱まった状態です。お肌は乾燥して肌荒れとなりバリア機能としては弱まっている状態です。

 角質層が水分過多

角質層が水分過多に傾いている場合、極端な例としては、お風呂に入って指の皮膚がふやけた状態です。この場合も一時的にバリア機能が低下し、物質が浸透しやすくなります。


 お風呂上りの5分間の間に、保湿成分を補いましょう。

お風呂上りの清潔な手の状態でやさしく塗って下さい。
一時的に過剰な保湿状態をつくることで、美容有効成分の浸透性が高まります。

入浴後は短時間でお肌の水分が逃げてしまうのです。
「入浴後5分以内」が目安です。

 乾燥した状態になった肌

乾燥した状態になった肌はセラミド(細胞間脂質)が不足した状態になりやすく、第二バリアが弱まった状態になり、汚れ・細菌などの侵入を許す状態となってしまいます。汚れ・細菌などの影響でかゆみなどのトラブルが発生しかきむしることでさらに背中ニキビ跡の状態を悪化させることになります。

ジュエルレイン口コミ7つのメリット

7つのメリット・・・口コミから抽出した結果です


 10年悩んだニキビ肌に卒業

高校時代からの10年悩んだニキビが、毎晩お風呂上りにジュエルレインを背中に塗ることで10年間悩まされたニキビ肌に卒業です。

 サッと洋服が着れます

お風呂上りのきれいな手の状態で、手のひらを使って浸透するように塗るだけです。ベタつかずさらっとしているので洋服がすぐきれます。

 美白効果がうれしいです

夏の紫外線で背中のダメージが心配。お風呂上りにジュエルレインでお肌をケアーします。背中のザラツキがすべすべになるのと、美白効果が嬉しいです。

 体全体にも使えて良い

中学から背中と胸のにきびに悩んでいます。背中ニキビにジュエルレインを使ってみました。翌日触ってみると前よりつるっとしている感じがしました。背中に限らず、体全体に使えるのが良いと感じました。

 べとつきがなく使いやすい

すごいです!やっと出会えた!背中ニキビが減ってる。ジェルもべとつきがなく使いやすいし、1ヶ月位ですが確実に効果が実感できました。

 ローズの香りが良いので大好きです

ローズの香りがよいので大好きです。のびが良くべとつきがありません。潤いはしっかりしていますね。

 60日の保証がいいですね

60日の保証がいいです。真剣に背中ニキビの治し方を探している人には、あきらめないでためしてほしい。

 



ジュエルレインの「肌育成」が良い理由

ジュエルレインの「肌育成」が良い理由

私たちの肌は約28日周期肌サイクルで活動しています。表皮は新陳代謝を行い徐々に古い細胞を押し上げていきます。4週間の育成で徐々につるつるの肌に!この4週間の間のしっかりとした保湿が成功へのカギとなります。

背中は顔のTゾーンと同じように体のTゾーンと呼ばれており、非常に汗をかきやすく、同時に皮脂腺が多い部分です。皮脂汚れを落とした後の乾燥肌に陥らないように保湿の役割である皮脂膜を補う必要があります。毛穴の詰まりを取り除き、理想の肌環境に回復してやることが重要なのです。

ジュエルレインの効果はこの十分な保湿で理想の肌環境に回復すると同時に5つのステップで「美しい肌を育成する」ことにあります。

  1. ステップ1「潤い習慣を作る」
  2. ステップ2「合言葉は保湿」
  3. ステップ3「基盤をしっかり」
  4. ステップ4「赤ちゃん肌を目指す」
  5. ステップ5「キーワードは健やかなお肌」


ターンオーバー

お肌の再生システムのことをターンオーバーといいます。私たちが日焼けをしたとき、お肌は時間とともに元に戻ります。

表皮のターンオーバーは表皮の一番下の層である基底層で生まれた基底細胞が、約2週間(14日)かけて角質細胞になります。

この角質細胞はさらに2週間(14日)かけて角質表面に押し上げられます。その後、アカになり剥がれ落ちるのです。


20代と40代のターンオーバーを比較

ターンオーバーとは表皮の細胞がある周期で生まれ変わるいわゆる、新陳代謝のことを指します。

一概にターンオーバーといっても、年代別で周期の違いが現れてきます。

20代では約28日周期ですが加齢により40代では約40日かかるといわれています。もちろん個人差が考えられます。

しかしながら、ターンオーバーが遅くなりますと古い角質がたまり角質層が肥厚「くすみ」や「しわ」の原因になります。

また、20代に比べ40代ではメラニン色素についても排泄が遅くなります。したがって、ターンオーバーを高める必要性があるのです。


背中ニキビの正しいケア方法とは

噴火口となってしまった背中ニキビは皮膚のバリア機能が乱れて、乾燥した状態になっています。このような状態は、汗やほこり、細菌の侵入などのさまざまな刺激物が入りやすい状態と言えます。

バリア機能が乱れている状態では炎症が起こりやすくなっています。このように、バリア機能が弱くなっているために、湿疹が出来、強いかゆみが生じる場合もあります。

背中ニキビの悪化因子には、ストレス、気温、湿度、体長不良、発汗、衣服、化粧品、食物アレルギーなどさまざまな悪化因子が考えられています。

悪化因子の除去を行いましょう。出来るだけ取り除ける悪化因子は取り除くようにしましょう。

バリア機能を回復し、理想の肌環境を取り戻しましょう。

スキンケアでは、まず、入浴しストレスを取り去りましょう。ストレスが軽減するのと同時に肌についた刺激ぶつを洗い流します。

入浴後5分程度で背中は乾燥してきますので、入浴後すぐに保湿外用薬をつかってお肌の乾燥を防ぎましょう。

このようなスキンケアは皮膚を清潔潤いのある状態に保ち続けることになり、抜群の背中ニキビ改善に役立つのです。


(1)体を洗うときは、せっけんをよく泡立てて、手のひらでなでるようにして洗う。

(2)保湿外用薬は“べたつく”と感じる程度に十分塗る。


(1)肌をゴシゴシと洗う
タオルなどでゴシゴシと皮膚を洗うと、皮膚のバリア機能がさらに弱まります。

(2)保湿外用薬の塗り方が不適切
塗る量が少なかったり塗り残しがあると、皮膚が乾燥し症状が悪化しやすくなります。

(3)保湿外用薬を途中でやめる
少しよくなったからと、途中でやめてしまうと、再び悪化します。
標準ケアを適切に続けることが大切なのです。良くなった後もしばらくバリア機能を補助してあげましょう。


(1)優しく洗う
せっけんをよく泡立て、その泡を手に取り、手で軽くなでるようにして体を洗います。
重症になると、せっけんの刺激だけでもヒリヒリすることがあります。その場合はぬるめのお湯だけで洗えばよいでしょう。

(2)傷のある部位も洗う
炎症や傷がある部位も、優しく洗いましょう。

(3)ぬるめのお湯でしっかりすすぐ
せっけんが皮膚に残らないようにします。熱いお湯で洗い流すと、皮脂が失われるのでお湯はぬるめにします。

(4)タオルで押さえるように拭く。
皮膚をこすらず、抑えるように拭きます。

★保湿外傷薬の塗り方のポイント

※ 皮膚を乾燥させないように、次の点に注意して保湿外用薬を塗ります。

(1)入浴後5分以内に塗る。
入浴後は、短時間で皮膚の水分が逃げてしまいます。肌の潤いが残る「入浴後5分以内」を目安に塗ります。

(2)たっぷり塗る
全身の乾燥部位にたっぷりと塗ります。“ベトベトする”と感じる程度がちょうどよい量です。

(3)1日に何回でも塗ってよい
保湿外用薬は、何回塗ってもかまわないので、皮膚が乾燥してきたと感じたときに塗ると良いでしょう。

 

 

背中ニキビの原因

●なぜ背中ニキビが出来るのでしょうか。

背中は非常に汗をかきやすく、毛穴に皮脂が詰まり、アクネ菌が侵入しますと増殖します。

背中はスキンケアには気を使っている方でも意外と見落としがちな部分です。背中は顔のTゾーンと同じように体のTゾーンと呼ばれており、激しい運動時、Tシャツの汗跡で分かるように非常に汗をかきやすく、同時に皮脂腺が多い部分です。

したがって、ニキビが出来やすいTゾーンと言えます。皮脂が多量に分泌し、毛穴に皮脂がたまりますと詰まった皮脂を栄養とし、毛穴に常在するアクネ菌の増殖によりニキビが発生するのです。


●思春期の性ホルモンが原因

内部的な面では、思春期の性ホルモンが増加することが原因となる場合があります。思春期になって性ホルモンが増加するにつれ、男性ホルモンの過剰(女性ホルモンに比べて)によって出来るのです。

このホルモンは脂腺の働きを活発にし、同時に皮膚から毛穴にかけての角質を厚くし、毛穴をせまくします。この働きにより毛包の中に皮脂がたまりニキビが始まっていくのです。

皮脂が毛包内にたまり、さらに古くなった角質などがこれに加わって毛穴を塞ぐようになります。たまった皮脂が毛穴を押し広げて空気に触れ酸化して黒い点として見えるものを黒ニキビと言います。これに対し、毛穴がふさがっていると白い塊として見えます。これを白ニキビと言います。

さらに進みますと、不飽和脂肪酸などがまわりの皮膚を刺激し赤い吹き出物になり炎症を伴います。これを赤ニキビと言います。

毛穴が化膿し次第に毛包に化膿が波及していくのが化膿したニキビです。化膿したニキビが破れ、膿が出るとそのあとの噴火口の様なくぼみがニキビ跡になります。


●背中ニキビ跡を治す方法(対処法)とは

それでは、背中ニキビ及び背中ニキビ跡を治す方法、解決方法はどんな方法なのでしょうか。10代では皮脂量が多い分、過剰に分泌した皮脂を毛穴から取り除けば背中ニキビを治す対処方法となります

なぜ、対処方法となりえるかといえば10代では洗顔やボディブラシでの背中の洗浄によって失った皮脂膜が回復する力が高いために皮脂膜による保湿にはあまり神経質にならなくてもよいといった条件があるのです。

しかし、思春期では無い20代30代は様子が異なります。この年代では皮脂の分泌量はピークとなっていますが肌の水分量は10代に比べ明らかに減少してきます。赤ちゃんの肌から年齢を加えるごとに肌の水分量は減少していくのです。

したがって、余分な皮脂や角質の除去のあとには乾燥を防ぐため、確実な潤い補給が必要となります。失った皮脂膜の代わりとなるものや潤いを補う必要があるのです。つまり、理想の肌環境に回復してやることが重要なのです。

 


5つのナノ美容成分とは

シュガースクワラン
保湿に非常に優れた成分として知られるスクワラン。

 

アーチチョーク葉エキス
紀元前から活用されてきた伝統的なハーブ。肌のキメを清浄に保ち、明るい素肌へ導きます。

 

グリシルグリシン
アミノ酸の一種で、お肌のハリ・ツヤや潤いを保ち、キメを整えます。

 

アロエエキス
消炎しながら保湿する。
お肌の潤い美容成分の代表格です。

 

ヒアルロン酸やエラスチンなどと共にお肌の組織を構成している成分。肌弾力の維持や水分保持機能と密接に関わっています。